和の音空間とは

日々の生活から『和』というものはなくなるのだろうか!?>粋舩/SUISEN

和は古典から現代まで衰退し続けている?

日々の生活から『和』というものはなくなるのだろうか!?どんどん失われている様に感じてはいないだろうか?新しいテクノロジーはどんどん新たな価値を生んでいる。まるで和と言うものは、アナログで手作業で古臭いものの様に思えてくる。。。

和の音空間デザインって存在できるの?

和の音空間デザインはそんな古めかしいものを寄せ集めて小さく満足する。そんなものなのだろうか?それならとてもいい音のする音声反応AIを搭載した音響機器で、世界中の最新の音楽を嫌という程体全体で浴びまくればとても満足を得られて楽しいだろう。

京都サウンド/Kyoto soundsだってそうだ

京都からもたくさんかっこいい音楽が生み出されて世界中へと配信されている。そんな中に、粋舩/SUISENがプロデュースした音楽があってもいいだろう。

今昔おと風景 より
『高浦』
https://amzn.to/2tUFJ80

ネット配信でもいいんだ!!

そう、ネットを介して音楽を届けてもいいんだ。それがアナログな音源でも。いやむしろ人が演奏して歌っているものの方が今はまだ、人は楽しいと思っているだろう。家で聞くのもいいけれど。ライブに行くと一生物の感動が得られる!!

アナログであることや、デジタルであることはどうでもいい!!

音源がアナログだろうがデジタルだろうが、そんなことはどうでもいい!!和が消えている?そんなことはない。日本に住んでいると僕たちはほとんどの食事の場面で日本系のお箸を使う。このことだけをとっても和と言うものは失われて行ってはいない。

文化の融合の中で生き付いている

そう、僕たちは今や世界中のあらゆる文化を知り得ることが出来るし、日本にいてもその一部を享受できる。そしてどんどん混ぜて混ぜて混ぜて、新しい価値と喜びを生み出している。そんな中の一つに『和の音空間デザイン』はあるだろう。他の文化の価値がなければ気づかなかったかもしれない事だ。

私たちは今の『和』を楽しむ!!

あまたとある趣向の中の一つのスパイスの様に『和』と言うものを私たちは楽しむことが出来る。これはなんて豊かな事だろう!!たった一つの事だけではなく、楽しむことが出来る。けれども、その選択肢がなくなると。。。

だから私たちは和の音空間デザインを届けます

私たちの生活に豊かな選択肢があり続ける様に。

和の音空間デザインをお届けするイベント
↓↓↓
『オトイソ祭』
https://www.facebook.com/events/204900770555042/

日置あつし

https://atsushiheki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です